話題の工務店をチェックして魅力な工具をゲット!

Real estate individual House

予算を考える

住宅だけの値段を把握するべし

住宅を購入もしくは建設しようとする際にネックとなるのはその費用なのですが、ほとんどの場合は土地の値段に左右されます。土地の値段は相場がきまっているため、住宅を購入する際には値引きなどができません。都心の一等地に建てれば、土地の値段だけでも莫大な費用がかかります。したがって一戸建ての値段を考える場合は、住宅の値段と土地の値段を分けて考えなくてはいけません。住宅の値段は使用する建材、工法などによっていくらでも値段は調整できます。建売住宅の場合はなかなかそうはいきませんが、注文住宅の場合は、費用の調整は可能です。そのため、住宅を購入する際に様々な点を抑えておくことが大切だと言われています。

土地は購入する必要があるか

費用がどうしても高くなる場合は、土地を購入する必要があるかどうかを考えたほうがいいでしょう。土地は購入以外にも借地という手があります。借地では賃貸住宅と変わりがないと思っているかもしれませんが、固定資産税の面でメリットが出てきます。土地が借地の場合は、住宅にしか固定資産税がかかりませんので、節税になるのです。特に都心の一等地などは、土地に対する税金が大変高くなってしまいますので、借地に住宅を建設するほうがメリットが大きいと言えます。一生その地に住み続けるかどうかは、将来になってみないと分かりません。土地を購入してしまうと、のちのち相続税についても考えなくてはいけなくなります。住宅建設の際は借地を利用するという手も覚えておくといいでしょう。